「健康」「環境「危機管理」 成長産業分野の技術・製品開発の支援制度

平成25年度新規事業「連携イノベーション促進プログラム助成事業」

開発支援テーマの決定及び助成金募集説明会の開催について

健康、環境、危機管理の産業分野は、少子高齢化・災害対策など大都市・東京が抱える課題の解決に役立つとともに、国内外において市場の拡大が期待されています。一方、中小企業がこれらの分野に参入するには、分野毎の技術・製品の開発動向を的確に把握するとともに、自社以外の技術シーズやノウハウを積極的に活用した技術開発をすることが必要となります。

そこで東京都は、これらの産業分野における開発支援テーマとそれを解決する技術・製品開発動向を示した「課題マップ」を策定すると共に、優れた技術力を持った中小企業が他企業・大学等と連携して行う技術・製品開発を支援する「連携イノベーション促進プログラム助成事業」を実施し、成長産業分野への参入を促進します。

このたび、課題マップに基づく開発支援テーマを別紙のとおり決定しましたので、助成事業の募集説明会を開催します。
※なお、「課題マップ」の公表及び助成事業の募集内容については、8月下旬の発表を予定しています。

助成事業説明会の開催

第1回 8月29日(木曜) 14時00分~16時00分 中小企業振興公社
多摩支社
第2回 9月2日(月曜) 10時00分~12時00分 中小企業振興公社
秋葉原庁舎
第3回 9月3日(火曜) 14時00分~16時00分 中小企業振興公社
城南支社
第4回 9月6日(金曜) 14時00分~16時00分 中小企業振興公社
秋葉原庁舎
(お問合せ先:東京都中小企業振興公社 助成課 電話03-3251-7895 メールjosei@tokyo-kosha.or.jp)

助成事業の概要

対象者:都内に主たる事業所又は研究開発場所を有する中小企業者等
助成金額、助成率:助成限度額3,000万円 助成率3分の2以内
助成期間:2年以内(平成26年1月1日~最長平成27年12月31日)
その他:他企業・大学・公設試等との連携(外注、委託・共同研究によるノウハウ等の活用)が条件となります。
※詳しくは東京都中小企業振興公社ホームページおよび 「連携イノベーション促進プログラム助成事業 開発支援テーマと技術・製品開発の例示」をご参照ください。
問い合わせ先:東京都産業労働局商工部創業支援課  電話 03-5320-4745

「むらからまちから館」平成25年度上期6ヶ月コーナーへの出展事業者募集

全国の商工会では、東京の有楽町駅徒歩1分の交通総合会館1階で、「むらからまちから館」を運営しています。これは、全国の地域特産品のアンテナショップで、日本唯一の地域総合専門館です。
この「むらからまちから館」への出展希望者を募集しています。下記内容をご確認の上お申込み下さい。

・出展期間 
平成25年度上期(平成25年6月~11月)
・申込期限
平成25年5月16日(木)
・出展区分
[6ヵ月コーナー(長期)]
1.出展事業者は、1県連3事業者以内とします。
2.過去に長期間出展していた事業者には出展を見合わせていただきます。
3.6ヵ月コーナーへの出展は、1年を限度とします。
[1ヵ月コーナー(トライアル)]
1.過去に長期間出展していた事業者には出展を見合わせていただきます。
2.1ヵ月コーナーへの出展は、6ヵ月を限度とします。
3.6ヵ月コーナーに出展したことのある事業者には出展を見合わせていただきます。

・出展関係書類
【別紙-1】H25上期都道府県コーナー等出展留意事項
【別紙-2】H25上期出展にあたっての注意事項
【別添-1】H25上期特産品取扱要領
【別添-2】H25上期販売催事コーナー出展手引
【別添-3】H25上期酒類米穀類取扱要領
【様式-1】6ヵ月コーナー出展申込書(25年度上期用)
【様式-2】1ヵ月コーナー出展申込書(25年度用)
【様式-3】販売催事出展申込書
【様式-4】お酒・米穀類推薦リスト

「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」に係る補助対象事業者の募集に

1.事業概要
きめ細かく顧客ニーズをとらえる創意工夫に取り組むために、中小企業経営力強化支援法の認定経営革新等支援機関(認定支援機関)等と連携しつつ、ものづくり中小企業・小規模事業者が実施する試作品の開発や設備投資等を支援。

2.公募締切:平成25年4月15日(月)〔当日消印有効〕

3.申請書受付先・お問い合わせ先
東京都中小企業団体中央会
住所:東京都中央区銀座二丁目10番18号 東京都中小企業会館3階)
電話番号:03-6264-1481
申請書その他、詳細はこちらをご覧ください。http://www.tokyochuokai.or.jp/

「平成25年度コミュニティビジネスシンポジウム  ~広がるシニアと女性の活躍の場~

広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会及び関東経済産業局で、「広がるシニアと女性の活躍の場」をテーマとしたシンポジウムを開催します。本年度プログラムは二部構成とし、テーマ1で“暮らしと地域コミュニティ”を、テーマ2では“社会参加の新しいカタチ”をキーワードとして事例発表・パネルディスカッションを行います。

---------------------------

1.開催概要

日時
平成26年2月27日(木)13:30~17:10
(懇親会17:30~19:00 ※自由参加)
場所
さいたま新都心合同庁舎1号館 講堂(さいたま市中央区新都心1-1) 地図はこちら
交通
JR京浜東北線、宇都宮線・高崎線「さいたま新都心」駅 下車徒歩5分
JR埼京線北与野駅 下車 徒歩約10分
主催
関東経済産業局,広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
定員
200名
参加費
フォーラム無料/懇親会費 2,000円
※懇親会(事前申し込み制)参加費は、当日受付にて申し受けます。
懇親会
さいたま新都心合同庁舎 1階
レストラン「ニコラスハウス」にて行います。
---------------------------

2.プログラム

[テーマ1]「暮らしと地域コミュニティ」
自分たちが望むシニアの暮らしを実現するためにコーポラティブマンションを提供する「シニア 村」と、高齢化した団地を住みよい町にするため、住民自らが生活支援のシステムや集いの場を作っている「ユーアイネット柏原」を紹介します。
株式会社シニア村 代表取締役 今美 利隆 氏
株式会社シニア村 共同代表  今美 久美子 氏
特定非営利活動法人ユーアイネット柏原 代表理事 小澤 浩 氏
特定非営利活動法人ユーアイネット柏原 理事   中村 ゆりこ 氏
※コーディネーター 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 代表幹事 竹林 晋
[テーマ2]「社会参加の新しいカタチ」
結婚しても子どもがいても自分らしく働きたいと願う情勢のキャリア支援や仕事づくりをサポートする「キャリア・マム」と、100歳になっても働ける職場を目指して、女性たちで「孫育てグッズ」を商品開発するBABAラボを紹介します。
株式会社キャリア・マム 代表取締役    堤 香苗 氏
株式会社キャリア・マム 最高執行責任者  井筒 祥子 氏
BABAラボ/シゴトラボ合同会社 代表社員 桑原 静 氏
BABAラボ/シゴトラボ合同会社 制作部長 桑原 秀子 氏
※コーディネーター 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会 幹事 竹内 千寿恵
---------------------------

3.お申し込み先

広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
(事務局)NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター
TEL:03-5939-9503  FAX:03-5939-9502
申し込みはこちらからお願いします
---------------------------

4.お問い合わせ先

関東経済産業局 産業部 流通・サービス産業課 コミュニティビジネス推進チーム
担当:矢部、中島
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1-1 さいたま新都心合同庁舎1号館8F TEL:048-600-0346 FAX:048-601-1295 E-MAIL:kanto-cbn@meti.go.jp