ひがしやまと茶うどん 贈答用箱入り 茶うどんレシピ 取扱店MAP 狭山茶パウダーのお菓子
東大和の新たな名物へ ひがしやまと茶うどん写真

お茶とうどんのおいしい出会い

東大和市の新たな特産品として東大和市商工会が開発した「ひがしやまと茶うどん」は、東大和市の名産品「狭山茶」を郷土食の「うどん」に練り込んでつくり上げた、ほのかなお茶の香りが楽しめる逸品です。

名産品「狭山茶」

生茶葉の収穫量・栽培面積は、多摩地域では瑞穂町、青梅市に次いで第3位である。昔から、「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と言われ狭山茶は鮮やかな緑色、爽やかな香りと濃厚なコクのある味わいが特徴です。

郷土食「うどん」

東大和市では古くから各家庭でうどんを主食とする文化があり、冠婚葬祭の食事の終わりには、必ずうどんを出す慣習がありました。

贈答用ひがしやまと茶うどん

1袋 300円(税別)200g

贈答用箱入 1,000円(税別)3袋入、箱代・包装紙代含む

※めんつゆは付いていません



TOP